育毛剤(チャップアップ)と育毛シャンプー(スカルプD)どれから始める?

抜け毛や薄毛に悩み、いざ育毛対策を始めようにも“どうしたら良いの?”という人も多いはず。

現在では多くのスカルプケア商品が売られていますが、例えば育毛剤と育毛シャンプーなら、何から購入したら良いのでしょうか…?

中でも売上1位の育毛剤「チャップアップ」と、男性用シャンプー売上1位の「スカルプD」は、どちらも期待できそうで迷ってしまいますよね。

そこで、育毛剤チャップアップと育毛シャンプースカルプDについて解説していきますので、育毛対策の参考にしてください。

育毛剤「チャップアップ」ってなに?その役割や特徴を解説!

まず最初に、育毛剤「チャップアップ」がどのような商品なのか、その役割や特徴をご紹介していきましょう。

そもそも育毛剤とは…脱毛予防や髪の成長を促進するもの

そもそもチャップアップを含めた育毛剤は、脱毛予防や薄毛予防、髪の成長を促すことを目的とした製品を指します。

医薬部外品として認可されているチャップアップは、育毛効果が認められている有効成分を含め、多様な成分が配合されているのが特徴です。

そのため、様々な薄毛の原因に対処する力を持っており、脱毛予防や髪の成長促進以外にも、あらゆる効果に期待できます。

では、そんなチャップアップに配合される成分から、期待できる代表的な効果をご紹介していきましょう。

チャップアップの作用①DHT抑制成分による脱毛予防効果

まずチャップアップは、脱毛予防を目的として8種類もの成分を配合しています。

そもそも薄毛の症状の多くがAGA(男性型脱毛症)と言われ、男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が結びつき、抜け毛を引き起こすDHTが生成されることが原因です。

そこでチャップアップは、5αリダクターゼを阻害してDHTの生成を抑制する成分を配合することで、脱毛予防に期待ができます。

それらの成分の中でも特に、「オウゴンエキス」「ヒオウギ抽出液」「ビワ葉エキス」は高いDHT抑制力があるとされているため、より効果に期待がもてるでしょう。

チャップアップの作用②発毛を促進する血流改善効果

次に、チャップアップには髪の成長を促すことを目的として、血流改善効果をもつ成分を20種類も配合しています。

というのも、髪に必要な栄養は血液によって運ばれるため、血流が悪いと栄養が行き届かずに髪が十分に成長できないのです。

そこでチャップアップの血行促進効果により栄養が頭皮まで行き届くことで、細胞が活性化して髪の成長を促すことに繋がります。

血行促進効果をもつ配合成分の中でも、海藻由来の「M-034」は特に期待できる成分です。

MEMO

M-034は薄毛治療薬にも使われるミノキシジルという成分と同等の育毛力があるとされ、その一方でミノキシジルのような副作用がないとされています。

このことからも、M-034が配合されているチャップアップは高い育毛力に期待できる上に、安全に使用できる育毛剤だと言えますね。

チャップアップの作用③多様な成分による頭皮環境改善効果

さらにチャップアップには、頭皮環境改善を目的とした多くの成分が配合され、さらにリニューアルに伴い効果的な11種類のスーパーフルーツ成分を追加しています。

頭皮が荒れた状態だと髪にも悪い影響をもたらしてしまうため、健康な髪の毛が育つためには頭皮環境の改善は重要な働きと言えるでしょう。

糖化(頭皮が固くなる症状)を改善する成分

頭皮環境が悪化する症状の中に、加齢や紫外線により頭皮が固くなる「糖化」というものがあり、タンパク質や脂肪が糖と結びつきAGEsという成分が生成されることが原因です。

そして糖化により硬くなった頭皮は、髪の成長を阻害してしまう上に育毛剤の浸透も妨げてしまいます。

そこで、ウメ果実エキス・チンピエキス・マロニエエキスという成分を配合し、タンパク質と糖の結合を阻害しAGEsの生成を抑制したり、頭皮を柔らかくする効果に期待できるでしょう。

頭皮の皮脂の過剰分泌を予防する成分

また、皮脂が過剰に分泌され頭皮環境が悪化すると、毛穴詰まりや皮膚炎になったり、育毛剤の浸透を邪魔したりと髪の成長に悪影響をもたらします。

そこで、チャップアップは皮脂の過剰分泌を予防する成分として、ダイズエキス・ドクダミエキスを配合し、毛穴詰まりや皮膚炎の予防に期待できるのです。

チャップアップの作用④アミノ酸による髪の栄養補給

他にもチャップアップには、髪の栄養補給を目的として15種類ものアミノ酸が配合されています。

MEMO

髪の材料となるアミノ酸は、細胞を活性化させる上でも重要や役割を担うため、育毛には必要不可欠な成分です。

そのアミノ酸をチャップアップで補うことで、髪の成長をサポートする効果に期待できます。

チャップアップまとめ:有効成分による育毛力に期待できる

では、育毛剤チャップアップの役割や効果を簡単にまとめるとこちらです。

チャップアップについて
  • DHT抑制成分による脱毛予防効果
  • 栄養を届ける血流促進(M-034はミノキシジルと同等の力)
  • 糖化・皮脂分泌に対処する頭皮環境改善効果
  • アミノ酸による髪の栄養補給効果

育毛剤は、脱毛予防や薄毛予防、髪の成長を促すことを目的とした製品を指し、チャップアップにもそれらの効果をもたらす成分が配合されています。

多様な成分によりマルチに活躍できるチャップアップは、初めて薄毛対策を使用する人にもおすすめであり、業界売上1位と言われるのも納得の育毛剤だと言えるでしょう。

育毛シャンプー「スカルプD」ってなに?その役割や特徴を解説

では次に、育毛シャンプー「スカルプD」はどのような役割があるのか、その特徴を解説していきましょう。

そもそも育毛シャンプーとは…頭皮環境を整えるもの

まず、スカルプDを含めた育毛シャンプーの役割は?

というと、“頭皮環境を整えること”です。

そのため、育毛剤のような脱毛予防や髪の成長促進作用はなく、頭皮環境改善が基本となります。

しかし、“育毛”シャンプーというくらいですから、育毛効果があると勘違いして使用してしまう人も多いでしょう。

そのため、育毛シャンプーと謳われていても、あくまでシャンプーの働きにとどまることを知っておく必要がありますね。

スカルプD“頭皮環境を整えることが健康な髪を育てる”

実際にスカルプDの公式サイトでも、そのコンセプトは“頭皮環境を整えることが健康な髪を育てる”と記載されています。

このことからも、スカルプDに抜け毛予防や発毛促進といった、直接的な育毛効果をもたらす成分は配合されていないと考えられますね。

とはいっても、育毛のベースとなる頭皮環境が悪ければ健康な髪が育つことは難しいため、スカルプDのコンセプトの通り育毛には頭皮環境の改善は重要です。

ただし、あくまでスカルプDは育毛の土台作りをするものであり、育毛対策として十分とは言えません。

それ以上の育毛効果に期待するのであれば、チャップアップをはじめとする育毛剤の力が必要となるでしょう

では、スカルプDに配合されている代表成分から、期待できる効果を具体的に解説していきます。

スカルプDの働き①ビロクトンオラミンによる殺菌作用

まず、スカルプDの有効成分1つ目が、「ビロクトンオラミン」という殺菌作用をもつ成分です。

頭皮環境は菌の増殖により悪化するとされており、それが原因となってかゆみやフケ・炎症といった症状に繋がります。

そのため、ビロクトンオラミンの殺菌作用により菌の増殖を防ぐことができれば、それらの症状を改善する効果に期待できるのです。

注意

ただし、ビロクトンオラミンは化粧品の防腐剤として使用されるなど強い殺菌力をもつため、必要な菌まで殺してしまい頭皮のバリア機能が弱まる可能性もあります。

 

状態が悪化してしまうことも考えられるため、肌が弱い人やフケの症状がない人は使用しない方が良いかもしれません。

スカルプDの働き②グリチルリチン酸2Kによる抗炎症作用

次に、スカルプDの有効成分2つ目が、抗炎症作用・抗アレルギー作用をもつ「グリチルリチン酸2K」という成分です。

頭皮の炎症やアレルギー反応を抑制する働きにより、頭皮環境を整える働きに期待できます。

また、比較的副作用の可能性が低い安全性の高い成分であり、化粧品や育毛剤などの肌に使用する製品にも使われてるため安心です。

効果的に、そして安全に頭皮環境を改善し、健康的な髪が育つ環境作りに期待できる成分と言えますね。

スカルプDの働き③サリチル酸によるピーリング作用

最後に、スカルプDの有効成分3つ目が、皮脂溶解成分の「サリチル酸」であり、分かりやすくいうと、ピーリング作用をもっています。

元は解熱鎮痛剤に使用されていた成分ですが、育毛シャンプーとして期待できる効果は、古い角質を溶かして、綺麗な頭皮に導くというものです。

しかし、このサリチル酸によるピーリング作用は、強い作用をもつ成分となりますので、人によって刺激を感じてしまう場合もあります。

肌が弱いなど体質的に心配な人は、使用を控えた方が良いかもしれません。

スカルプDまとめ:あくまで土台を作るもの!育毛力は不十分

では、育毛シャンプースカルプDの役割や効果を簡単にまとめるとこちらです。

スカルプD
  • 育毛効果はなく頭皮環境改善が目的
  • 育毛対策としては育毛剤の力が必要
  • 刺激が強めなため肌が弱い人には不向き

紹介したスカルプDの成分を見ても分かるように、あくまで頭皮環境を整えて育毛の土台を作るものですので、育毛対策を十分に行うためには育毛剤が必要です。

また、スカルプDは刺激が強めの成分により頭皮環境が悪化してしまう可能性もあるため、肌が弱い人は自分に合うものを選ぶようにしてください。

育毛剤と育毛シャンプーは違う!どのように使うのが良い?

では、チャップアップなどの育毛剤は脱毛予防や発毛促進する役割があり、スカルプDなどの育毛シャンプーは頭皮環境を整えるものということが分かりましたね。

それぞれの働きが分かったところで、どのように使うのがベストなのでしょうか?

育毛シャンプーと育毛剤は併用すると効果アップに期待できる

ずばり、育毛シャンプーと育毛剤は併用するのがベストです。

育毛シャンプーが頭皮環境を整えることで育毛の土台を作り、育毛剤が髪の成長を促す、というのが理想であり、それぞれの働きを補うことで効果アップが狙えるでしょう。

MEMO

ただ、もしチャップアップと育毛シャンプーを併用したい場合は、チャップアップシャンプーがおすすめです。

チャップアップシャンプーはチャップアップとの相互作用を考えて作られた商品であると共に優しい使い心地が特徴となります。

肌が弱い人やアレルギーを持っている人は特に、刺激が強めのスカルプDよりチャップアップシャンプーが安心して使用できると思われます。

チャップアップとスカルプDまとめ:“育毛”するなら育毛剤!

では、育毛剤チャップアップと育毛シャンプースカルプDを解説してきた内容をおさらいしていきましょう。

育毛剤チャップアップと育毛シャンプースカルプD
  • 育毛剤(チャップアップ):抜け毛予防や発毛促進効果をもつ
  • 育毛シャンプー(スカルプD):頭皮環境を整えるもの

上記のことから、頭皮環境を整える目的ならスカルプDのみでも問題ないかもしれませんが、それ以上の育毛効果に期待するのであれば、育毛剤との併用がベストです。

また、チャップアップと育毛シャンプーを併用するなら、低刺激のチャップアップシャンプーがおすすめですよ。

もし育毛対策として、育毛シャンプーと育毛剤のどちらかを選ぶなら、薄毛に幅広く対処してくれる育毛剤(チャップアップ)の購入が良いでしょう!

\\私は安心の公式サイトで買いました//