人生全体の恋愛運や金運がわかる?占星術の特徴や歴史をまとめてみた

senseijyutu
いわゆる「星占い」とは占星術のことを意味します。占星術とは天体の移動を人の人生や社会のあり方と結びつける占いのことで、紀元前2000年にはすでにその原型があったと言われています。

世界で最も歴史の長い占術だと言っても過言ではないでしょう

この記事では占星術の特徴や占い方などをご紹介いたします。

占星術について少しでも知っておけば、占いをよりいっそう楽しめるようになることでしょう。

占星術の歴史や方法は?どんなことがわかるの?

占星術はもともと国家や王家の行く末、未来を占うために使用されていましたが、紀元前三世紀頃には個人の運勢を占うものへ変化していたと言われています。

天体の位置を示すホロスコープを使って、その人がどんな星の下に生まれたのかを調べるのです。

そのホロスコープを用いた最も一般的な占星術が「西洋占星術」であり、その亜種として東洋占星術やインド占星術が存在します。

ホロスコープとは、天体の位置を書き留めた地図のようなもの。天体は絶えず動きますから、年、月、日、時によってホロスコープ上の天体の位置も変わってきます。

そのホロスコープを使って、その人が産まれた瞬間の「星の位置」をまず明らかにするのです。

そのうえで、統計に基づき、その星の下に生まれた人はどういった人生を送るのか、金運や恋愛運はどうなっているのかなどを見るのが西洋占星術です。

恋人の生年月日がわかるなら、その人との相性を占うことも可能です。

占星術はどんな人におすすめ?

占星術は人生全体の運勢を見る占術です

そのため、最近彼氏に振られたという個別の事案の相談ではなく、男性に振られることが多い、男運が悪いなど、人生全体を通してこうであるといった観点から相談をするのに適しています。

「自分の星」を知ることで、今後恋愛をするうえでどのように行動するべきなのか、どういった男には気を付けるべきなのか、駄目な男を引き寄せてしまう原因はどこにあるのかなどを知ることができるのです。

したがって占星術は

「小さな頃から不運に見舞われることが多く、困っている」

「本気で好きになった人とは必ず別れてしまうので恋愛をするのが怖い」

「人間関係がうまくいかず、ひとりぼっちになってしまう」

というふうに、同じ悩みに何度も直面している方におすすめです。もちろん運勢や相性を知るために活用するのも良いと思います。

占星術の特徴 まとめ

以上、占星術の特徴や占い方などについてお話しいたしました。

人にはそれぞれ「自分の星」があって、それをもとに人生全体の運勢を見るのが占星術です。

電話占い等でもよく使用される占術ですので、興味のある方はぜひ各占いサイトをチェックしてみてください。